プロペシア 効果 副作用

MENU

プロペシアの効果についてのまとめ

プロペシアの効果は?

男性の薄毛や抜け毛の症状には、その原因によって幾つかの種類があります。

 

中でももっとも多く見られるのが男性型脱毛症と言われるもので、別名AGAとも呼ばれています。

 

この男性型脱毛症でお悩みの男性の方だけに発毛効果が期待できるのがプロペシアというお薬です。

 

他の種類の脱毛症の男性や、薄毛でお悩みの女性が使用しても、発毛効果は期待出来ません。

 

プロペシアは男性型脱毛症だけに有効で、これは男性ホルモンにアプローチしてくれる成分です。

 

男性型脱毛症を発症してしまう男性は、DHTという男性ホルモンが過剰に働いてしまうことが脱毛の要因となっています。

 

つまり男性ホルモンの過剰な働きが脱毛の原因で、遺伝的な要素が大きいと考えられています。

 

プロペシアには、このDHTホルモンの働きを抑制して、正常に戻す効果があります。

 

プロペシアは、DHTホルモンのみに作用する薬なので、男性型脱毛症以外の方には、全く効果がありません。

 

男性型脱毛症は、20代くらいから発症する進行性の脱毛症です。

 

徐々に抜け毛が多くなり、髪の毛が弱々しくなっていくなどの症状があります。

 

プロペシアは、これを食い止めてくれる効果が期待出来ます。

 

 

>>グローリンギガの効果についてもチェック


プロペシアの副作用についてのまとめ

プロペシアの副作用は?

プロペシアは、男性特有の薄毛の病気である男性型脱毛症にとても有効な治療薬です。

 

男性型脱毛症の原因となっているのは、DHTという男性ホルモンなのですが、この男性ホルモンの働きを抑制してくれる作用がプロペシアにはあります。

 

しかし、プロペシアを実際使用するにあたって、副作用が心配な方も多いのではないでしょうか。

 

プロペシアを服用することで心配されている副作用としては、性欲の減退や勃起機能の低下が挙げられます。

 

しかしこれらの副作用を訴える人はわずか数%となっていて、プロペシアと、偽薬・プラセボを使用した臨床実験では、同じくらいの割合で、副作用を訴える人がいた、という結果もあります。

 

つまり、副作用が起こったとしても、プロペシアを服用しているということに対するメンタル的な影響が大きいのでは、と考えられるのです。

 

プロペシアは、もともと前立腺肥大症の治療薬のプロスカーから生まれたものです。

 

プロスカーを服用する人には、薄毛改善の効果があったために、プロスカーの有効成分である、フェナステリドの含有量を少なくして作られたのがプロペシアです。

 

じっくり続けることで優れた効果を発揮してくれるのがプロペシアです。

 

あまり副作用は心配しない方が良さそうです。

 

 

>>グローリンギガは副作用大丈夫?