ミノキシジル 効果 副作用

MENU

ミノキシジルの効果についてのまとめ

男性型脱毛症に悩む日本人男性は、なんと1200万人以上もいると言われています。

 

ミノキシジルの効果は?

 

進行型の脱毛症である男性型脱毛症は早めに対策を行うことが大切なのですが、治療薬として用いられているのがミノキシジルと、フェナステリドの2種類があります。

 

医薬品であるミノキシジルは、もともとは血管拡張剤として開発された成分です。

 

その後、優れた発毛効果があることが知られ、育毛剤として用いられるようになりました。

 

毛母細胞に直接アプローチするミノキシジルは、細胞分裂を活性化させる効果があり、その結果、毛髪の成長を早めてくれるのです。

 

男性型脱毛症の治療では、脱毛症状をストップさせるものと、すでに進行してしまった薄毛部分の再生、という2つのプロセスが必要になります。

 

発毛効果の高いミノキシジルは、進行してしまった薄毛部分の再生のために使用される治療薬です。

 

ミノキシジル配合の育毛剤として市販されているのは、日本では大正製薬から発売されているリアップだけです。

 

それ以外では、専門の病院に受診してから処方してもらう方法があります。

 

 

>>グローリンギガの効果についてもチェック

ミノキシジルの副作用についてのまとめ

ミノキシジルの副作用は?

発毛効果に優れたミノキシジルは、男性型脱毛症の治療には欠かすことが出来ない治療薬です。

 

ミノキシジルには服用するタイプのものと、頭皮に塗るタイプがあります。

 

はじめての方は、比較的、副作用の心配が少ない頭皮に塗るタイプから始めることが一般的です。

 

血管拡張作用があるミノキシジルは、発毛を促進して、健康な髪が生えてくるのをサポートしてくれるものです。

 

頭皮に塗るタイプのミノキシジルを使用すれば、通常1ヶ月から3ヶ月程度というとても早い時期に効果が実感できます。

 

頭皮用のミノキシジルで懸念される服作用には、頭皮のかぶれやかゆみがあります。

 

他には足や顔のむくみが現れることもあるようですが、比較的、症状は軽いです。

 

飲むタイプのミノキシジルは、さらに発毛効果が高いのですが、副作用の心配もそれだけ高くなります。

 

飲むタイプのミノキシジルの副作用には、血圧低下やめまい、かゆみやむくみ、さらに体毛が濃くなったり、吐き気などがあります。

 

これらの副作用があることを理解してからミノキシジルを使用しましょう。

 

>>グローリンギガは副作用大丈夫?